季節によるお尻ニキビの対策

ニキビが一番できやすい季節というのは、主に肌が乾燥したり、湿っぽくなったりするときです。
よって、夏と冬が一番肌荒れが目立つときです。
季節によってニキビができる原因は異なりますし、対策も異なってくるので
今回は季節によってのお尻ニキビの対策法についてご紹介していきます。

春の対策

まず春と秋です。
これらの季節は過ごしやすくていいのですが、いきなり暑くなったり寒くなったりと
気温の上がり下がりがかなり激しい時です。よって、服装によっては蒸れてしまったり、
また冷えて乾燥してしまったりで、お尻への刺激が増す場合があります。

また、春は出会いや別れの季節、秋は人恋しい季節でもあるので心因性のストレスが目立つときです。
慣れない環境での新生活もあり、仕事のストレスや人間関係に慣れるまでは必然的に
肌トラブルも起こりやすくなってしまいます。
不規則な生活が積み重なって自律神経の乱れも起こりやすくなり、お尻ニキビができる原因になります。
こういう場合は気分転換をするようにしたり、肌触りのいい下着を着用するようにするといいです。

次に夏。
紫外線と汗などで、肌荒れが最も起こりやすくなります。
座っていることが多い方は、必然的に太ももの裏やお尻に汗がたまりやすく、
かなりニキビができやすくなります。

また、肌を露出する機会も多いので紫外線の影響も受けやすく肌トラブルはかなり多くなります。
また、夏は夏バテで食欲不振が起きるとものが食べられなくなって、栄養バランスも悪くなります。
しっかりビタミンをとって肌質を改善させるように心がけましょう

最後に冬。
冬は空気が乾燥する季節です。お尻がかわいた状態で服を着て擦れると荒れてしまったり、
ニキビができたりするので、保湿クリームなどを塗ってスキンケアをするといいです。
また、お尻を洗ったあとは必ずクリームを塗って寝るようにするといいです。

季節によって、さまざまな対策がありますのでぜひ上記を実践するようにしてください。