お尻ニキビができる原因

お尻ニキビができる原因として一番最初にあげられるのが、肌のケア不足です。
もちろん、生活習慣の乱れ自体でニキビは発生するのですが、お尻にできるニキビというのは、
外的要因から発生することが多いです。

そもそも、お尻はとても肌がやわらかいところであり、少しの刺激でも多くの影響を受けます。
さらに自分では手が届かなかったり見えない部位なので比較的ニキビができても気付きにくいのが現状です。
やわらかいお尻だからこそ、少しの服の擦れや乾燥、そして蒸れなどによって赤い発疹が出来始めます。

その発疹などを放っておくと知らない間に白いできものが中央にできているようなニキビに変化してしまいます。
また、肌のケア不足といってもどのようなことから起きるのでしょうか。
肌のケア不足というのは例えばお風呂に入ってお尻を洗った後、しっかり石けんを流さなかったり、
流していても少しこびりついているだけで肌が敏感な方はお肌が荒れてしまったり、かぶれてしまう原因となります。
その症状を放っておくとニキビにつながります。

つまり、外的な刺激からしっかりお尻を守るようにするといいです。
意外にお尻は隠れているから大丈夫!と思いがちですが、そんなことはありません。
背中を流す時は、タオルを使って少しこするようにすると石けんなどの付着を防ぐことができます。
また、背中は基本的にボディクリームやオイル等も肌にやさしいものを使うようにします。
敏感肌用のもので十分ですので試してみるといいでしょう。

また、肌のケアとしてはお尻が蒸れないような工夫をしましょう。
比較的に夏だけでなく冬でもかなりの注意が必要です。
注意すべきなのは冬にホッカイロを背中やお尻にかけて貼ることです。すると低温火傷になりやすくなります。
低温火傷になるとお尻のやわらかい皮を傷つけることになり、炎症になります。
ニキビも発生しやすくなりますのでホッカイロを貼る時はしっかり下着や当て布などをして
肌に害がないようにしましょう。

注意!


お尻ニキビを生活習慣で改善

生活習慣改善!

まず、お尻ニキビをできにくくするために一番手っ取り早い方法は
生活習慣を整えることです。
顔にできるニキビと違ってお尻ニキビは清潔にしていればできにくい
という問題ではありません。
顔にできるニキビの場合は顔を清潔にしておけば皮脂が過剰分泌
することも少なくなりますが、お尻ニキビは違います。

お尻ニキビの一番の原因は普段から多くのストレスをためてしまうこと。
また、知らない部分でたくさんの汗を多くかいてしまうことによって、
デリケートなやわらかいお尻の肌が荒れてしまうということがあります。まずはストレスから減らしていきましょう。

お尻ニキビの改善法


不眠解消をする

不眠が度重なると、疲れやすくなりストレスも自然にたまりやすくなります。
まずは、睡眠時間をしっかり確保するようにします。
そして、睡眠時間を不規則に長くとるのではなく、毎日コンスタントに一定時間とるようにします。
寝る前はできるだけスマホやパソコンを見ないように心がけ、同じ時間に布団に入るようにします。

また、どうしても寝られない場合は、寝る前にホットミルクを飲んだり、ローズヒップやカモミールなど、
安眠効果のあるハーブティーを飲んでリラックスしてください。
夜しっかり寝られても寝起きが悪い方はローズマリーを使った料理や紅茶を飲むのもおすすめです。
寝られなくても、しっかり目をつむるだけで人間はリラックスでき、しっかりとした睡眠をとることができます。
ホットアイマスク等も効果があります。

食生活を見直す

お尻ニキビを解消するためには、まず脂肪や油をあまりとりすぎない、というのが鉄則です。
暴飲暴食を避けて、腹八分目までにとどめておきましょう。
ストレスがたまっていると自然に大食いになってしまったりもするので、
ストレス性過食症のような症状が出ていたら、我慢はあまりせず、体にいいものを食べるように心がけてください。

また、昼食はなかなか無理でも、ゆっくりご飯を食べる余裕を作ると唾液の分泌が激しくなり、
空腹感も解消されるので暴飲暴食は避けることができます。
ムダな脂肪分をとらない分、しっかり野菜などに含まれるビタミンや、
タンパク質に含まれるアミノ酸を摂取することによって、肌への負担も軽減されます。
ビタミンにはニキビ跡などの修復の効果があります。

ぜひ生活習慣を見直して、お尻ニキビを解消しましょう。


2

お尻ニキビを植物でなくす

お尻ニキビには、生活習慣を整えるのが一番いいのですが、実はニキビは予防できます。
そんなとき使うのは植物成分です。今回ご紹介するのは「ハーブ」。
ハーブに含まれている独特な成分が抜群な効果を発揮してくれます。
ニキビ予防に効くハーブはこちらです。

「レモンバーム」「レモングラス」
→これは美肌に効果があるものですが、お尻の肌もしっかり整えてくれます。
そしてデリケートなお尻のお肌をきれいにし、たまりやすい皮脂も防いでくれます。

「ハトムギ」
→ハトムギは肌の代謝を高めてくれる効果があります。
お尻にニキビができるのは汗や皮脂がたまって、そこから化膿してニキビになるので
それを防いでくれるとなるとかなり効果が期待できます。
また、お尻のニキビがつぶれて、跡になったり、皮脂が毛穴につまるのを防ぐ効果があります。

「ノコギリヤシ」
→ノコギリヤシはよくハーブティーやサプリメントに使われていることが多いものです。
あまり聞かない名前でどこに売っているのだろう?と思うかもしれませんが、
ハーブショップにいくと売っていることが多いです。
粉末のものを買って、お茶に混ぜるといいでしょう。

また、ニキビの原因となる男性ホルモンを抑制する働きもあります。
男性ホルモンに多く含まれるテストステロン。
これが増えるとを皮脂の分泌を促進してしまうので、それをおさえるという効能があります。


以上の3つをうまく摂取していくことによって、老廃物をしっかり外に出してお尻に老廃物がたまりにくくできます。
そして肌のきめも細かくする効果があります。
もちろん、他のハーブとブレンドして、お好みの味で摂取してもいいでしょう。

最近では、化粧水や乳液などでハーブが摂取できるのも多いので、
お尻に化粧水などをつけておくと、お肌にやさしくニキビを防ぐことが可能です。
500ミリリットル前後で1000円くらいで買えるものが多く、
さわやか系のミントのものをチョイスすれば重宝するはずです。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

お尻ニキビは病院で治す

ニキビに悩まされている方々が多いですが、実は皮膚の病気
よって放っておくととんでもない炎症になってしまうおそれもあり、治療が必要です。
実はニキビほど放っておけば放っておくほど跡に残り、傷が深くなるものはありません。

また、気になるからといって刺激を与えてしまうと余計に治りにくくなってしまう恐い皮膚の病気なのです。
特にお尻は普段からいろいろな刺激を受ける部分でもあるため、ぜひ皮膚科にいってください。
するとたいていニキビを「尋常性ざそう」という病気として診断してくれるところが多いです。
これは、何らかの原因によって脂肪などがお尻の部分でかたまってしまう病気であり、
しっかり治療をしておくことで将来的に跡が残らずに済みます。

それでは、実際皮膚科での治療はどのようなものが多いのでしょうか。
炎症止めとしてステロイド剤を処方されることもあります。また、内診のようなことをされます。これが一般的です。
治療の手順としては、まず、ニキビの様子をしっかり観察し、内診を行います。
そして薬の処方までしっかり行われるので一般的な病院での治療とほぼ一緒です。

また、ニキビが出来ている場合体内の血液や栄養バランスなどを調べることがあるので、
血液検査を行う場合があります。
血液検査だけを行う場合もあるため、大きい金額が飛んでしまうかもしれませんがしっかり治すことを考えましょう。

それでは実際、病院費用というのはどのように適応されるのか見てみます。
普段の病院代と同じように、保険が適応された場合は医療費の負担の割合は3割です。
ただ、保険が適応されない治療があり、これはフルーツ酸という栄養分を利用して
ニキビのできた古い角質や皮膚を新しい皮膚へ再生する「ケミカルピーリング」という治療法です。
しっかりとしたニキビは病気なので保険が適応されるので心配はいりません。

ニキビの治療は、まず体の状態をしっかり認識してから、
食生活なども改善していく必要があります。
そういった場合はしっかり医者から指示があるので言うことを聞くようにしましょう。

病院で治療

更新履歴